BLOG

プラントのメンテナンスはどのように行われる?

2021/11/01

プラントには、定期的なメンテナンスが必要です。
定期的にメンテナンスを行わないと、設備が故障してしまい、生産ラインが止まってしまうことに繋がります。
では、プラントのメンテナンスはどのように行われているのでしょうか。
この記事でお話していきます。

▼プラントのメンテナンスについて
プラントのメンテナンスは、工事業者による、修復工事や改修工事がメインになります。
配管の修復や、原料を生産する設備・生産ラインの修復などがプラントのメンテナンスになります。
このように、工事業者がプラント設備を改修することが一般的です。

他には、定期的な保守点検が行われており、何か月かに一度の期間で設備の点検を行っています。
工事業者のアフターフォローとして行っている場合もありますし、点検業者が定期的に点検を行っていることもあります。
このように、プラントのメンテナンスは、上記の方法が主流になっています。

▼メンテナンス期間
メンテナンス期間は、設備の老朽化具合によって違います。
比較的短期間で終わることもありますし、数か月に及ぶこともあります。
また、メンテナンスを行う箇所によっても、作業内容が変わったりすることがあります。
一概に何日で終わると断言できないのが、プラントのメンテナンス期間になります。

▼まとめ
今回は、プラントのメンテナンス方法についてお話しさせていただきました。
修復・改修工事がメインになり、様々な工事業者が参入してメンテナンスを行っています。
定期的にメンテナンスを行うことで、設備更新よりも、長持ちさせることに重点を置いているわけです。
工事の方法も、設備によっては様々な施工方法があります。
以上、プラントのメンテナンス方法に関するご説明でした。