BLOG

据付調整とはどういうこと?

2022/04/15

据付調整とは、何かを据え付けた後の調整作業ではないかと想像がつく方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、据付調整とは何かについて具体的に見ていきましょう。

▼据付調整とは最終チェック
据付調整とは、据付作業をおこなった後に実施する最終チェックのことです。

■据付調整の意味
据付調整とは、建築現場において据付作業をした建造物に対して、総仕上げとしておこなうチェックを意味します。
その特徴は、据付作業が完全にできたものだけでなく、現場で組み立て作業をおこなったものに対しても実施することです。

据付作業では足場を組むケースがよくありますが、地上である程度組み立てたら上へと持ち上げ、ジョイントさせていきます。
もし地上での組み立て作業の過程で欠陥があったとしても、上げてしまってからでは気付けません。
そこで、部分的に組み上げた時点で据付調整をし、足場の据付工事をおこないます。

■関連する機器との動作確認
石油プラントのように大型の設備では、さまざまな機器が必要です。
機器を増やしたり、古い機器を新しいものに交換する据付工事をしたときにも、据付調整がおこなわれます。
この据付調整の最大の目的は、新しく加えたり交換した機器が他の機器と連動して、ちゃんと動くかどうかを確認するためです。
プラントを安全に、そしてスムーズに動かすためには、欠かせない最終チェックと言えます。

▼まとめ
据付調整とは据付作業の最終チェックで実施するだけでなく、据付作業の途中でもおこなわれます。
これは、ひとたび不具合が起こると事故につながる可能性があるからです。
静岡を拠点にさまざまなプラントの作業をおこなう弊社では、確かな技術と実績で安全な工事を実施します。
どうぞお気軽にご相談ください。