BLOG

吹き流しの設置方法とは?

2022/02/22

風の向きや流れを目で見て確認できる吹き流しを設置するには、何に注意が必要なのでしょうか。
今回は、吹き流しの設置方法について見ていきましょう。

▼吹き流しの設置方法と注意点
吹き流しの設置方法には、知っておきたい注意点があります。

■吹き流しの形状
吹き流しは、筒でできたリング状の口に長方形の布を取り付け、筒状にしたものです。
風が入る受け口部分が大きく、風が出ていく方向の口は小さくなります。
工事現場や高速道路など、さまざまなところで吹き流しは設置されており、こいのぼりも吹き流しの一種です。
吹き出しは風が通り抜けることによって膨らみ、水平になるためにある程度の長さが必要ですが、その長さは用途によって異なります。

■吹き流しの位置
吹き出しの設置方法で知っておきたい注意点が、吹き出しの取り付け位置です。
風の流れを目で見て理解するためには、高いところに設置しなければなりません。
また、吹き出しがたなびいたときに何かにぶつかることがないように、周囲に何もないことも重要な注意点です。
したがって、吹き流しの設置位置はかなり高所になると考えておくとよいでしょう。

■吹き流しの用途
気象観測や工事現場、高速道路などさまざまな場所に設置される吹き流しの用途は、風の流れを目視で確認するだけではありません。
高速道路や工事現場といった横風が吹くと危険な場所には、注意を促す目的で設置します。
そのため、目に留まりやすい場所を選ぶことも設置方法の注意点です。

▼まとめ
吹き流しの設置方法では、吹き流しの長さや取り付けるときの高さ、そして目に留まりやすい場所といった注意点があることがわかりました。
弊社はプラントやプラント工場で多くの工事を行っており、安全に作業できるように環境整備に取り組んでおります。
プラントに関することは、弊社にお気軽にお尋ねください。