BLOG

プラントと工場には何があるの?

2021/11/17

「プラント」と「工場」ではどのような違いがあるのでしょうか。
転職にあたり、明確な違いが分からないと感じている方も多くいらっしゃいますよね。
そこでプラントと工場の違いを分かりやすく解説しますので、ぜひ参考にご確認ください。

▼プラントと工場の違いとは何?
プラントと工場の違いは、製造するものの内容や規模などです。
一般的に、工業活動に使われる素材や資源などを作る大型工場のことをプラントと言います。
そして工場とは、生産ラインを使って製品を作る場所です。
工場では車から日用品までさまざまなものを作ります。
プラントは素材や資源を作るため、工場よりも規模が大きいのが特徴です。

■プラントという言葉の由来
英単語の「plant」という言葉がプラントの由来だとされています。
「plant」とは「植物・~を植える」というような意味を持つ言葉です。
植物のようにパイプが張り巡らされていることから「プラント」と名付けられたと考えられています。

▼まとめ
生活に欠かせないさまざまなものを生み出すための素材や資源を作る場所がプラントです。
やりがいのある仕事への就職・転職を考えているのなら、プラントでの仕事を考えてみてはいかがでしょうか。
静岡でプラント業に携わる「東海工業株式会社」では、据付・製缶・配管・運搬を行う正社員の求人を行っております。
プラント業務が未経験の方のご応募も歓迎しておりますので、就職・転職をお考えでしたらぜひ弊社にお問い合わせください。