BLOG

プラントと工場の違いについて紹介

2021/11/13

プラント工場は、物を生産するという意味では、同じ部類に入ります。
しかし、それぞれ違う特色があるのをご存じでしょうか。
今回は、プラントと工場の違いについて、お話していきます。

▼プラントと工場の違い
プラント工場には、それぞれ違いがあります。
設備面での違いから、生産する物の違いまで、様々です。
以下の項目でまとめていますので、参考までに見てみて下さいね。

■プラント
プラントは、建築現場や製造現場で使用される原料を生産する施設になります。
コンクリート・石油・ガソリンなど、生産される非常に多くの原料が生産されています。
すべての生産を1か所で行う必要がある為、大規模かつ多種多様な設備で構成されています。
また、様々な会社が入っていることもあり、ちょっとした街に見えるのもプラントの特徴かもしれません。

■工場
工場は、原料を加工して物を生産する設備になります。
物を生産する部分では同じですが、プラントとは違い原料を加工して生活必需品を生産しているのが工場の役割です。
また、生産する製品によっては、複数の工場で役割分担を行うこともあります。
設備面も、プラントとは違い、比較的少ない種類の設備で運用されていることが多いです。

▼まとめ
今回は、プラントと工場の違いについて、お話しさせていただきました。
プラントは原料を生産する役割が強く、工場は原料を加工して生産する施設であることを認識していただければと思います。
また、設備面も、プラントは比較的大規模な設備が導入されることが多いです。
同じような施設ですが、このような違いがあります。