BLOG

プラント内で行われる工事について解説

2021/11/09

プラント内では、定期的に工事が行われています。
では、具体的にどのような工事があるのでしょうか。
今回は、プラント内での工事について、お話していきます。

▼プラント工事について
プラントは、非常に多くの設備が集まった工場です。
比較的新しい設備もあれば、老朽化した設備もあります。
特に、老朽化した設備だと、故障してしまい生産ラインがストップしてしまうことも考えられます。
生産ラインを止めないためにも、プラント内では定期的な工事が必要になるのです。
設備を修復する工事や、老朽化した設備を新しく作り直す工事など、様々な工事が行われています。

▼プラント工事で必要な資格
プラント工事で必要な資格は、働く立場によって変わります。
例えば、工事を管理する側であれば、施工管理技士などの資格や、測量士などが求められます。
また、作業をする職人であれば、特別教育や技能講習といった自分のスキルを表明する資格が必要な場合も。
様々な資格を持ち合わせていることで、プラント内での工事もスムーズに行いやすいです。

■技能講習・特別教育について
職人が保有する資格で、技能講習や特別教育があります。
一定期間、講義に参加することで取得することが可能で、場合によっては実技講習が行われることがあります。
講義と実技講習で、スキルが認められた場合に取得できる資格になります。

▼まとめ
今回は、プラント内で行われている工事についてお話しさせていただきました。
様々な工事が行われており、プラントの維持には欠かせない作業です。
また、必要な資格も多岐にわたり、働く立場によって資格の種類も変わってきます。
プラント業界に携わろうとお考えの方は、覚えておくと良いかもしれません。