BLOG

プラントでは安全第一 安全に欠かせない危険予知(KY)について

2021/11/05

プラント内での作業は、安全作業が求められます。
非常に多くの生産設備を兼ね備えている為、安全を軽視すると、大きな事故に繋がります。
最悪の場合、命を落とす結果にも繋がるのです。
そこで今回は、プラント内での安全について、お話していきます。

▼プラントでは安全第一
プラントでは、安全第一が基本です。
様々な生産設備を抱えているプラントでは、安全を常に考える必要があります。
大きな機械に巻き込まれて命を落とすこともあり得ますし、大けがを負って後遺症を抱えてしまうケースもあります。

生産設備にも安全機能が搭載されていますが、作業をする側も安全意識を持つ必要があるのです。
そこで、安全に欠かせない意識作りには欠かせない「KY」と呼ばれるものがあります。
危険予知という意味があり、作業中の危険を予測することで事故を未然に防ぐ目的があります。
もう少し詳しく、危険予知について、見ていきましょう。

▼安全作業の取り組み「KY」について
「KY」は危険予知の意味がありますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
例えば、プラント内で作業用の車両が頻繁に通る場所がある場合。
ここで何かの作業を行う時、作業だけに集中してしまうと、周りが見えなくなってしまいますよね。

その結果、車両に轢かれてしまい、命を落とすケースがあります。
そうした事態を防ぐには、作業中も周囲の確認(指さし確認等)をすることで、事故を最大限回避することができますよね。
このように、予想される事故を推測して作業を行うことが、「KY」の内容になります。

▼KYの一環として、研修が行われることも
「KY」の意識を高めるには、一朝一夕ではいかないこともあります。
そこで、一人ひとりが平等に「KY」の意識を高めるためにも、プラント内で研修が行われることもあります。
研修を通じて、様々なシチュエーションを予想することで、安全に対する意識も向上させることができます。

▼まとめ
今回は、プラント内で行われている、安全についてお話いたしました。
安全作業が欠かせない現場では、「KY」が行われており、一人ひとりの意識づくりが大切です。
こうした意識づくりによって、プラント内では安全作業が行われています。